日常生活で気を付けてほしいこと

治すつもりが逆効果!
頭痛もちは知っておくべき「鎮痛薬」の思わぬリスク


  • 頭痛がつらいとき、どうしていますか。
    痛みを我慢できないときは、市販の鎮痛薬を利用する方もいらっしゃると思います。

    ですが、この鎮痛薬、ひんぱんに飲んでいると“薬物乱用頭痛”という、別の頭痛を起こすことがあるのをご存じでしょうか。片頭痛などの慢性的な痛みをかかえ、痛みを感じるたびに薬を飲んでしまう、という方は注意が必要です。

    そこで今回は、10月に開催されたファイザーとエーザイによる『女性に多い痛みとその最新治療動向』セミナーでの、順天堂大学医学部附属順天堂医院 麻酔・ペインクリニック教室 臨床教授の井関雅子先生の講演を参考に、鎮痛薬を自己判断で使うリスクについてお伝えします。

■痛みに鎮痛薬で対処する女性は多い

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の『飲酒・喫煙・くすりの使用についてのアンケート調査(2013年)』によれば、鎮痛薬をこの1年で使用したことがある人の割合は、女性全体の6割以上を占めています。 また、鎮痛薬を週3回以上使用している人の割合は、決して多くはないものの、女性全体の3%以上となっています。 どちらの割合も、増減はあるもののこの10年で少しずつ増加傾向にあります。頭痛などの痛みに対して、市販の鎮痛薬で対処する女性が増えているのかもしれません。

■鎮痛剤を飲み過ぎると、別種の頭痛を起こす危険が

自己判断で長期に飲み続けていると、薬物乱用頭痛を引き起こすことがあります。薬物乱用頭痛を起こしてしまうと、それまでの頭痛よりも頭痛の頻度が増えたり、症状が重くなったりするので、注意が必要です。

まずは、何気なく飲んでいる鎮痛薬にはこうしたリスクもある、ということを知っておいた方がいいでしょう。そして、自己判断で鎮痛薬を利用するのは、ほどほどにしたほうがよさそうです。とくに、慢性的な頭痛をかかえている方は注意してくださいね。

■女性に多い片頭痛など、慢性的な頭痛があれば一度受診を

井関先生によれば、慢性的な頭痛は“片頭痛”“緊張型頭痛”“群発頭痛”の大きく3つに分けられるとのこと。
この中でも女性に多いのが“片頭痛”
片頭痛とは、片側、あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように“ズキンズキン”と痛むのが特徴。痛み出したら4~72時間続くこともあるそうです。
こうした片頭痛を抱える方の中には、医療機関を受診したことがなく、痛みに対して市販薬だけで対処されている方もいるそうです。ですが、こうした自己判断での対処は、薬物乱用頭痛を起こすリスクを高めてしまいます。

そもそも、痛みには種類があり、種類に応じた治療法があります。だからこそ、自己判断で対処するのではなく、専門家の診断を受けることが大切なのだそうです。
病気として医療機関で治療すれば、薬物乱用頭痛を起こすリスクも減らせます。慢性的な頭痛がある方は、一度、医療機関を受診するのがいいでしょう。

以上、鎮痛薬を自己判断で使うリスクについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
市販の鎮痛薬は、忙しい女性に頼りになる薬ですが、使い過ぎは禁物。日ごろから頭痛をかかえている方は、一度、医療機関を受診なさってみてくださいね。



治療メニュー
  • スポーツ障害治療
  • 交通事故治療
  • 往診治療
  • 自費治療
  • 鍼メニュー
  • 特別診療

最新の医療機器を用いた治療


やすなが整骨院では一人一人の症状に合せた丁寧な手技療法の他に、最新の医療機器(超音波・微弱電流治療器など)を用いた治療も行っております。痛みの改善と緩和、そして症状の改善を促す高機能機器です。