怪我・労災・交通事故など、痛みの治療は
三重県桑名市のやすなが整骨院にお任せ下さい

  • こんにちは。 やすなが整骨院院長の加藤雅也です。
    当院では、薬や注射で痛みをごまかすのではなく、痛みの原因をつきとめ、 その原因から治療し、痛みの完治を目指した治療を行っております。
    豊富な知識と経験を活かした治療はもとより、同じ道を目指すたくさんの仲間たちと定期的に勉強会を開催し、 日々勉強し知識をアップデートしています。
    痛みは人生を左右するほどつらいもの、その痛みをかばい、さらに違う箇所まで悪い個所が広がります
    できる限り多くの方の、痛みを改善したい。その想いで日々努力しています。
    長くほっといた痛みは改善までに時間がかかり、逆に早い治療は早い改善へとつながります
    あきらめていた痛みも一度見せてください。あなたの人生を明るく変えられるかもしれません。
  • sensei-1 やすなが整骨院院長 加藤雅也 保有資格:柔道整復師(国家資格) 鍼灸師(国家資格) 介護支援専門員(ケアマネージャー) 介護福祉士福祉用具専門相談員

新型コロナウイルス対策を行っています!


コロナウイルス対策にはアルコール消毒

当院では新型コロナウイルスを始めとする感染症対策として
受付に消毒用アルコールを設置しております
手の触れる場所は1時間に1度アルコール消毒を行っています
加湿を行いウイルスを床に落としています
安心してご利用下さい

長時間同じ姿勢で体を痛めていませんか?


新型コロナウイルスの予防策として学校では自宅待機、仕事でも自宅作業が求められている業種もあり、

椅子や床に座りっぱなし
こたつに入ってテレビを見ている
ずっとパソコンやスマートフォンを見てゲームをしている

など、長時間同じ姿勢でいることが増えると思います
ただいまやすなが整骨院のブログでは特集として、同じ姿勢でいると痛む場所を、症状別に随時更新しています

こちらからご覧いただけますのでぜひごらんください


新型コロナウイルスとは?



新型コロナウイルスに対する日本の現状

日本は中国人の入国禁止が遅れ、
中国を脱出したい人、高度医療を受けたい人が入ってきて現在の状況になりました
日本は現状、入国規制も微妙、対策も殆どなされていない
テレビではどうでも良いニュースやバラエティ番組が流れこの危機から目をそらしています

2月21日には北海道で小学生2人の感染が確認されました
このような事態にも、感染者が出たということだけで対策については何も触れません

テレビではパニックを防止するため、という理由だけで
医師や専門家はひたすら「さほど問題はない」と繰り返しています
このまま感染者の数が膨大になればオリンピックの中止も考えられます
そのため39度以上の熱が出てもすぐにコロナウイルスの検査は受けさせてもらえないようです

会社でも調子が悪くて休もうと思っても
人が足りないと怒られたり、気まずい雰囲気になるため、
新型コロナウイルスの症状が出ても普通に働いている人もいるようです
結果として国全体に蔓延しているにも関わらず、
きちんとした検査をしていないから感染者数自体は少ないだけで
実は密かに予備自衛官が招集されているというお話もあります

経済は常に政財優先で、
オリンピックの開催利権も失わないことを第一に
株価が落とさないための行動が見られます
これでは感染拡大は避けられません
各自における対策が必要であると思います

新型コロナウイルスとはどんなウイルスなの?

インフルエンザの致死率0.1%に対して
新型コロナウイルスの致死率2%
インフルエンザの20倍にもなります
インフルエンザは厚生労働省の発表によると
日本では去年一昨年と3000人以上の死者を出しています
単純計算するとコロナウイルスでは6万人の死者が出ることになります

厚生労働省からも新型コロナウイルスに関しての説明が出ています

新型コロナウイルスによる身体への影響
新型コロナウイルスCOVID-19は呼吸器系疾患ですので人間の肺を侵食していきます
感染者の82%は軽症で済んでいますが重症化すると免疫の過剰反応を引きお起こし肺が崩壊していきます

肺に侵入したウイルスは空気の通り道である気管支の表面にある繊毛に感染し、死滅させます
繊毛がなくなると、体内に侵入した花粉やウイルスを体外に排出する事ができなくなり
肺炎を起こし息切れなどの症状が出ます
ウイルスの侵入に対して身体は免疫細胞を大量に肺に送り込み修復活動を行うのですが、
この修復作業がうまく行かず、サイトカインストームと呼ばれる免疫系が暴走を起こし、
健康な組織を破壊し、肺には蜂の巣状の穴が空きます
こうなると呼吸器不全に陥り、人工呼吸機が必要になります
ここまで進行すると、死なずに済んだとしても肺には後遺症が残ります

まだ確定ではありませんが過去に同じ様に流行したSARSやMERSがそうであったように、
肝臓や腎臓にも被害を及ぼす可能性があります

新型コロナウイルスの感染経路
コロナウイルスは飛沫感染と言われています

感染者の咳やくしゃみ、唾液、鼻水などに触れることで感染します
また、便も感染経路なのでトイレで水を流す時に
水が飛び散り足にかかり、そこからの感染も考えられます
感染者から2m以内にいると感染の可能性が高まります
感染者との会話は5m以上離れて行いましょう
トイレは流す時にフタを締めるだけで飛び散りを防止できます

新型コロナウイルスは2次、3次感染が非常に多く
乗り物内や個室での濃厚接触者、
家族や同僚間、院内での感染率がとても高くなっています
新型コロナウイルスが蔓延している期間は
不特定多数が密集する乗り物や施設はなるべく避けたほうが良いでしょう

感染後症状が現れるまでの潜伏期間は3~14日と言われていますが
なかなか症状が出ない人もおり、最長で24日間のケースがあったようです
潜伏期であっても感染はしますし、重症化しなければそのまま過ごされる方もおられるので
知らずしらずの内にウイルスを拡散し、周囲を巻き込む加害者となっているケースもあります

重症化しやすいのは60歳以上の高齢者、持病や基礎疾患のある人
不必要に接触しない、同居の場合、特に症状のある方については家庭な内での隔離も考えたほうが良いでしょう
基礎疾患とは 厚生労働省

やすなが整骨院では空気清浄機、加湿器を用いて空気中のウイルスを除去しています
入る時に使って頂けるアルコール消毒液もございますのでご利用下さい

新型コロナウイルスの症状

発熱すると37.5度以上になり、頭痛、痰、喉の痛み、空咳、咳、下知、吐き気、食欲不振、胸部不快感、呼吸困難、息切れ、全身倦怠感、疲労感、筋肉痛、両腸疾患などがみられます

新型コロナウイルスへの対策
コロナウイルスはアルコールに弱いので
手洗いやアルコール消毒は非常に有効です

もし新型コロナウイルスに触れた場合、手や身体の表面についただけでは感染しません
そこから目や鼻や口に触れることで感染します
アルコールでしたら75%以上のもの、市販のアルコール消毒液や除菌シートを使って、よく触れる部分は拭き掃除すると良いです

やすなが整骨院においてもアルコールによる拭き掃除を行い、受付にはアルコール消毒液を設置しています

新型コロナウイルスに対するマスクの効果は?

マスクでコロナウイルスを完全に防ぐことは難しいです
しかしマスクをすることでウイルスを含んだ唾液や鼻水といったhi残物をブロックできますし、
鼻や喉への保湿効果があるのでウイルスの侵入しにくい健康体の保持にも効果があります
現在はマスクが不足しているため1日1枚で済ませられる方もおられると思います

マスクを外した時には外側部分には触れないように、アルコール消毒や抗菌酵素パウダーを用いると有効です
可能であればマスク自体を新しいものに変えるのが一番です

新型コロナウイルスにかからないために出来ること
いちばん大切なのは自分自身の体調管理です

体の免疫力を上げるために睡眠を十分に取ること、

他には免疫力を上げる食べ物を取るのも有効です
納豆、にんにく、ヨーグルト、しょうが、みそ、りんご、バナナ、かぼちゃ、ブロッコリー。小松菜、梅エキスを積極的に取ると良いです

また、体の血流を良くすることが大切です。
血流が良くなることで体の隅々に栄養が行き渡り健康を維持することが出来ます
新型コロナウイルスは感染経路、症状ともに上半身が主体となりますので、
つまり頭、喉、首、胸、背中等を中心に血流を良くすればいいのですが、
お風呂などで温めるだけでは不十分です
例えば血行が悪いからと1日こたつに入っていれば良くなりますか?

血流が悪いのは血液の流れる筋肉に炎症があるからです。

炎症を治療すれば血流が改善され、免疫力や健康状態に大きく影響を与えます
日頃から頭痛、首、背中、肩などに痛みを感じる方は炎症があるかもしれません
痛みは放置せず、筋肉治療の専門家、やすなが整骨院にご相談下さい
腰痛を治すにはどこへ通えばいい?

腰痛を治すにはどこへ通えばいい?

腰痛で悩んでいる方がインターネットで
何科に行けば良いか迷われておられるのを見かけました
どこへ行けば治るのでしょうか?

症状から実際に悪い場所、原因を絞り込む鑑別診断というものがあります
しかし腰痛で整形外科が必要になる症状はそれこそ背骨が折れた等
激痛を伴う症状でなければそうあるものではありません
痛いながらでも歩けますか?大きな腫れを伴う内出血はないですか?おしっこに血は混ざっていますか?
症状から本当に必要な治療を受けるための施設を判断する必要があります
整体のようなマッサージではその場が気持ちいいだけで治りません

整形外科でもレントゲンを撮って骨に異常がなければ
原因不明と言われ湿布と薬をもらい、安静にしてくださいと言われるだけで治りません

やすなが整骨院ではレントゲンではわからない原因を探して治療します
腰痛ならば背中、腰、臀部、股関節、どこの筋肉に原因があるのか、
体表解剖学、解剖学、生理学の知識、運動検査により探し出し
元の正常な状態に治します
整骨院でもただ免許を取る勉強をしただけでは治し方はわかりませんので、
しっかりとした知識を持つ先生に治療してもらうことをお勧めします

中には今話題のゆらこ、モットン、ヨギボー、腰痛ベルトなど
健康グッズやフィットネス等の道具で痛みの軽減を図る方も居られます
道具は便利ですが問題を先延ばしするだけで、いつかは問題解決が必要です
部屋の掃除と同じで早い方が楽に終わらせることが出来ます

腰痛対策の筋トレやストレッチ、ツボのような
自分で出来る治療法も見かけますが、
こちらも効果に関しては疑問が残ります
痛みとは炎症です

痛みを伴う関節可動域訓練を熱心にすればするほど
時間をかければかけるほど
痛みはさらに悪化し関節可動域はさらに低下するとの研究結果もあります

痛い場所は無理に動かさずに暖かくして、
しっかり治されたい方はやすなが整骨院までご相談下さい
交通事故にあったらどこへ行けばいいの?
交通事故は子供、高齢者、年齢や男女を問わず誰でも遭う可能性があります
しかし交通事故に遭った時何をすればよいのか、
病院は何科に行けばいいのか、何ヶ月通えばいいのか、
慰謝料はどうなるのか、実際にあってみるまで分からない事は多いです

やすなが整骨院では保険屋さん、弁護士さん、他の医療機関の情報を基に
患者様の状況に応じて適切なアドバイスをさせて頂きます



交通事故の治療は保険屋さんに整形外科の受診を勧められます
整形外科ではレントゲンで骨に異常がないかを見て、
痛み止めや湿布を処方されますが、痛みに対する治療はしません
そもそも骨には痛みを感じる神経がないので
レントゲンで痛みの原因はわかりません


※筋肉はレントゲンに写りません

最低限の慰謝料さえ貰えれば良い方はそれでも良いですが
体の痛みを治したい場合は整骨院に通うことをお勧めします
自賠責保険を使い窓口負担0円で通院できます
逆に何もなければ保険屋さんも体に問題はないと判断して保険を打ち切られます
後から痛くなってきたと言っても、事故から日数が経過していると
自賠責保険での通院が認められず、自分の健康保険で通うことになります
また、慰謝料の金額や休業補償などお金の問題にも関わってきますので
後から後悔しないためにしっかりと治すことをお勧めします

日本の医療制度はフリーアクセスといい、
保険証一枚でいつでもどこでも医療機関に受診できる仕組みになっています
どの医療機関で治療を受けるのか、何が自分に必要かを考えて選ばれる事をお勧めします

交通事故にあわないためには?
何より交通事故には遭わないのが一番です
事故件数の多い場所では注意をはらいましょう
交通事故の多い場所は日本損害保険協会さんの提供している
交通事故多発交差点マップで全国の状況が分かります
桑名では桑名警察署前交差点和泉交差点など
整骨院のそばでも事故件数の多い所が見えます
やすなが整骨院でもホームページブログ
事故に遭いやすい場所や年代別に注意する点など
情報提供を行っておりますので合わせてご覧ください

例えば2018年度の自転車運転での高齢者の重大事故は5件あり、
その内2人はヘルメットをかぶっていれば重大事故には繋がらなかったそうです。
年配者における交通事故では、死亡件数の30%以上は頭部外傷でした。
ヘルメットをかぶっていれば命を防げたのかもしれません。

便利な道具である自転車を、本人や家族が安心して使えるように
ヘルメットを着用した方が良いかもしれませんね。

やすなが整骨院は筋肉、痛み治療の専門知識、治療の実績があります。
むちうち、肩の痛み、腰の痛み、つらい痛みを治します。
お悩みの際はぜひご相談ください。

三重県桑名市 やすなが整骨院


交通事故治療についてより詳しい内容はこちらから

当院で治療できる症状の例


腰痛、肩の痛み、背中の痛み、膝の痛み・・・
慢性だと思って諦めていませんか?
痛みのお悩み、ご相談下さい。